成人向け(R18)作品

【エロボイス:耳舐めASMR】迷える子羊の道しるべ2 cv.伊ヶ崎綾香

商品紹介

商品名 迷える子羊の道しるべ2~また貴方ですか?しょうがない人ですね~【KU100バイノーラル】
サークル名 ちょこうさぎ
声優 伊ヶ崎綾香


ダウンロードはこちらから

Download here

サークルコメント

久しぶりに“あの”教会を訪れた貴方。

かつて懺悔を受け入れてくれたシスターに、再び自信の悩みを告白すると…

「もう…これで何度目ですか!本当に、仕方のない人…」

なんだかんだ言っても優しいシスター・ルリアに、
また、“性欲に打ち勝つためのお手伝い”をしてもらうことになりました!

…でも、優しいだけで終わるはず、ないよね?

おススメレビュー紹介

シナリオが好き!

シスターの人のよさと背徳感、やらしい言葉遣いにギャップこそありますが、違和感とは全く質が違うもので、(伊ヶ崎さんのうまさも相まって)不自然さのないうまい塩梅でこちらをあおってきます

なによりぼくに刺さったのが、シスターが全編敬語だということです
敬語でやらしい事されるの良くないですか?でも決して事務的だということはありません、むしろ逆です
そして優しい、満たされます

密着している時間がたくさんあるので、バイノーラルはやっぱり密着成分がなきゃ!という人にもおすすめです、かくいう自分がそうなのですが、満足感ありました
※引用:DLsite

 

 

セックスシーンのエロさが半端ない

ちょこうさぎのサークル第1作目だった前作から2年と3ヶ月ぶりに続編がリリースされました。
とはいえ当時販売開始されて即買いしたので自分にとってもまるまる2年3ヶ月ぶりで、正直言ってかなり忘れている部分もあるんだけど、たしかM向けな内容だだったよなあと思い前作の自分のレビューを読み返してみたらやはりM向けな作風でした。で、後半はあまあまになってその後半が好きだと書いてあって、今作はその続編なのでM向け要素はあまり無く、シスターと久しぶりの再会後は結構あまあまに近い作風なので前作とは違い最初から楽しめました。
イラストは前作は少しダークな感じだったけど、今作は明るい表情でとてもかわいいし、これも作風の変化を象徴していると思います。
前作では「しょうがない人ですね。おしおきします!」という感じだったのが、今作では「しょうがない人ですね。(かわいいですね)」というような母性を感じるような変化を感じます。これは2年経った事によりシスターが精神的に成長して聖母に近づいたのかもしれません。その母性の象徴のひとつでもあるおっぱいを使ったパイズリは前作にはなかったプレイで、このパイズリシーンとそれに続くパイズリフェラ
もとても良かったです。
そしてその翌日のセックスシーンがもう!
恋人関係でもなくお互いの愛を確かめるようなセックスではないはずなのに、性に開放的になったシスターとのセックスシーンは濃厚でとろけるようなセックスシーンでむちゃくちゃエロかったです。
教会でのお仕事の延長としてのセックスがだんだんと快楽を求めるセックスに変わっていき、その内にシスターも気持ちよくなっていき激しく乱れちゃってます。
※引用:DLsite

 

 


こちらの記事もおススメ