成人向け(R18)作品

【エロボイス:ホラーASMR】マヨイヤド~真夏の一人旅エロティックホラーcv.小石川うに

商品紹介

商品名 マヨイヤド~真夏の一人旅エロティックホラー~【フォーリーサウンド】
サークル名 空心菜館
声優 小石川うに


ダウンロードはこちらから
Download here

サークルコメント

紹介文
耳元で突然ささやかれるゾクッとする感覚。
完璧な恐怖とエロの融合。

音声作品と恐怖体験はよく似ている──。

夏といえば、言わずもがな解放感溢れるエロの季節。
同時に、身の毛もよだつような恐怖――「ホラー」の季節でもあります。

そして「恐怖」と「エロ」は実は紙一重。
なぜならどちらも、抗いがたい人の本能に近い、根源的な感覚……
脳天を揺さぶるような「ゾクゾク感」があるからです。

◆イントロダクション

普通の音声作品に飽きたアナタに送る、真夏のエロティックホラー作品です。
怪しい森のざわめき、蛍光灯のチラつく音、突然の吐息。
本作品にはゾクッとするような仕掛けがたくさん!

そして映像がないことによる次に何が起こるかわからない緊張感が、
あなたの神経を極限まで敏感にします。

そこで行われる突然の耳舐め、戦慄、そして最後は冷たい彼女の”ソコ”に挿れて──。
鳥肌の立つような音の”ゾクゾク感”を、こだわりぬいたフォーリーサウンドとともにお楽しみ下さい。

◆こだわりポイント

・こだわりのフォーリーは正に聞くVR!

あなたの心臓を揺さぶる恐怖サウンドを夜の森と廃校でフィールドレコーディング。
音声素材ではない、圧倒的にリアルな音が生み出す極限状態の臨場感を、研ぎ澄ませたハイレゾサウンドでお届けします。

・無音の演技が生み出す震えるほどの緊張感!

本作品は声優さんのセリフとセリフの間の、無音の緊張感にもこだわりぬいています。

静かな森のざわめき、蛍光灯のジジジジ…となるだけで、一見すると何も聞こえないように
感じる箇所。けれどよく耳を澄ませてみてください。聞えませんか?息を潜める彼女の吐息が。

◆注意事項

・暗い部屋で一人、イヤホンないしはヘッドフォンを着用の上、目をつむってお聴きください。

アイマスク推奨作品です。
途中恐怖のあまり外してしまわないように、両手をガムテープなどで拘束しておくとよいでしょう。
どんなに恐ろしくても、視聴中は絶対にアイマスクを外してはいけません。
なぜって、途中で外すと二度と帰ってこれなくなってしまいますので……

・本作品を聴いたことによる不都合、ポルターガイスト、美少女霊からの憑り付かれについて、
本サークルは一切責任を負いません。自己責任の上ご聴取ください。

おススメレビュー紹介

暑い夏の夜でした

廃墟のような建物の中を歩いていました。

歩くたびに軋む床。
一瞬だけ消える蛍光灯。
時折、耳に入る「何か」の声。

そこは旅館でした。
女将さんに通された部屋には、一歩足を踏み入れたら二度と戻ってこられなくなるような、そんなリアルな空気感が漂っていた事を覚えています。

夜更けに女将さんに襲われた私。

女将さんは大人の女性のようでもあり、
時には少女のようでもあり、
耳にかかる吐息は冷たく、
時折漏れる笑い声には、背筋と脳味噌が凍りつくような恐ろしさもあって。

この世のものではない「何か」と触れあっている感覚。
頭では恐怖を感じつつも膨らんでいく股間。
服を脱がせ、股間に口をつける女将さん。

このあたりでしょうか、風向きが変わってきたのは。

あまりにもえぐい舐めしゃぶりにあえなく果てた私は、先程までよりも女将さんとの距離が縮まっている事に気づきました。

冷たささえ感じられた吐息は熱を帯び、
笑い声も普通に受け入れられ、
どこか遠くに感じられた耳舐めもどんどん耳奥に近づいていって。

私の身体が「あちら側」に近づいてしまったのか、女将さんが「こちら側」に寄ってきてくれたのか、正確なところはわかりません。
ですが、女将さんの秘部に挿入し腰を動かしている頃には、普段と何も変わらない睦み合いだけがそこにはあったのです。
得体の知れない「何か」に近づいた気がした、不思議な体験でした。

……気がついたら、私は自室の布団で下半身を露出しながら眠っていました。
ヘッドホンを外し、水を一杯飲みます。

あの一夜からどうやって生還できたのか、詳しいところは自分でもわかりません。
でも、今でも時折思うのです。
「あのまま連れて行かれても、別によかったなあ」と……

(東京都 会社員 男性)
※引用:DLsite

 

 

よせばいいのにホイホイと

前出『東京都会社員男性』の訪れたという廃墟を私も訪れてみました。

手記に曰く、目眩く様な生と性そして死が匂い立つ体験。
眉唾、と思う軽率な好奇心。
或は不思議な憧憬。
何れ私は、飛んで火に入る夏の虫でした。
今思えば何故自分も行こうなどと考えたのか。
いや、それはもうどうでもいい事です。

お女将、ミヤコさんと名乗るその女性に促さるまま通された質素な客室で。
私もまた血の凍るような、血の滾るような、地の底を這うような、天上に昇るような。そんな体験をすることになりました。

今でも思ひ出します。
ミヤコさんが身に纏う名状し難い不穏さと、怖気を震う様な色香。
耳を啜られ、股間を舐りあげられ、耳に頬に甘い吐息を浴びる間も全身を絡め取る恐怖。
そして、生気に欠けて胡乱に別の世界に語りかけていた様なミヤコさんが、気づけば熱を帯びた吐息で私を求めて呉れた時の胴震いする様な悦びも。

私は魅入られた様にミヤコさんを貪り、覚えたての猿の様に腰を振り、自分で呆れるほど大量の精をぶちまけていました。
しかし、それだけで済む筈もありません。
絶頂の余韻に浸る間もなく貪られ搾られ、彼女の喘ぎ声と笑い声が脳を反響し白濁する意識のなか『どうやら憑り殺されるのか』と思つたのですが……

私は見逃してもらえたのか。
情けをかけられたのか、ただの気紛れか。
いや、彼女が別れ際に残した言葉を思えば、とても見逃してもらえたとは思えません。
私の命は今も彼女に握られたままなのでしょうか。
それにしても何故私だったのか、理由なんてないのか。

ミヤコさんの語る言葉は、命への妄執に過ぎないのか悲しい思い出の物語なのか。
分からないことだらけです。
一つ分かっているのは、私がまたミヤコさんに会いに行くという事実。
いつか最後の一滴まで吸い尽くされ……いや最後の一滴を捧げ尽くす時まで。

(I県 男性 年齢不詳)
※引用:DLsite

 

 


こちらの記事もおススメ