成人向け(R18)作品

【エロボイス:近親相姦ASMR】クールな姉に理性が吹き飛ぶほど溺愛される音声 cv.御崎ひより

商品紹介

商品名 クールな姉に理性が吹き飛ぶほど溺愛される音声
サークル名 アンスリウム
声優 御崎ひより

ダウンロードはこちらから
Download here

サークルコメント

おすすめポイント
理性が保てなくなるくらい実姉に愛される―――
理性を吹き飛ばしてとことん愛されたくなる―――

今作は理性を保って保って保ち続け、
理性を吹き飛ばした時 最高潮に気持ちよくなれる作品です。

こんなところで好き好き連呼しないで!キスしたくなる!でもしちゃダメな場所…!!
姉弟だと知っている人が見てるのに平気で恋人繋ぎしてくる!ぎ、ギリセーフなのか!?
お風呂は絶対2人で入ろうね。約束したけどそれって子供の時で…!でも約束だから仕方ないよな…
姉がネグリジェ姿で俺のベッドに座ってるけど…まあ姉弟だし一緒に寝るのも普通だよな。だよな…?
布団の中で姉が絡みついてくる。耳に吐息があたって…舐められて…。姉は舐めるのが好きなだけ。うんうん。
姉の手が俺の股間に? マッサージか。疲れを癒してくれているんだな。血行良くなってきたし。

…もう無理。姉さん、俺も愛してるよ。

姉は一度も態度を変えません。いつだってあなたを愛し、甘やかしてきます。
どうしても《あなたの》理性が働いてしまう。
大人の男が、実姉に甘えていいのだろうか。身を委ねていいのだろうか。
こんなに愛されたら…依存してしまうのではないだろうか…

大丈夫。姉は全て受け入れてくれます。
いつも言ってるよ。あなたが≪大好き≫だって。

実姉と一線を越えることを選んだのは《あなた》!
リアルな弟心を意識した、とことん溺愛されて理性を吹き飛ばしたくなるほど脳が震える悶絶120%作品です♪

おススメレビュー紹介

なんで・・・なんで姉ちゃんはそこまでしてくれるの?

※今作の弟→姉は「姉さん」ですが
私的に「姉ちゃん」がしっくりきたのでご了承ください。

★トラック1
これから仕事なのに満員電車の中、耳元でやりたい放題やってくるんですよ。
散々至近距離で好き好き囁いた挙げ句、
キスしたいだなんてめちゃくちゃなこと言い出したくせに
突然「あ、わたし先に降りないと」ってスっと離れちゃう。
この姉、駆け引きが上手すぎるだろ。

初っ端から最高の10分間。
何が最高って聴き手である弟君が内心照れつつも適当にあしらってそうなのがイイ。
ダダ甘をメロメロで受け止める直球ラブラブも悪くはないんですけど、
やはり何度手を払いのけても諦めずに手を伸ばしてくれるからこそ
深い愛情を感じられて嬉しさもひとしおというものです。(面倒くさいツンデレ並の感想)

★トラック4
もう寝るのにいきなり寝間着の感想を聞いてきて
とりあえず「似合ってるよ」と返したら、また「どう?」と聞かれて
何かと思えば胸の谷間のことらしい。
本当はビックリして直視できないから上手く返せずにいるだけなのに
見透かされたくなくて、呆れたフリをしてると

「一緒に寝よう?」
「ねえねえ」
「こっち、こっち来て」
「一緒に……寝ましょ?」

なにが「ねえねえ」だよわざとらしい甘え方して
「何考えてるの?」じゃねえよ全部お見通しなクセにさあ……
あんなに好き放題やっておいて
「私はお姉ちゃんだからいつまでも待っていられる」とか余裕ぶっこきやがって
どうして『姉』って生き物はこう自分勝手なんだ

…………あれ、
姉ちゃんの唇って……こんなにも柔らかいのか

気づいたら意識が弟君に乗っ取られてました
DLsiteが800字しか書かせてくれないので現場からは以上です。

ってか後半怒涛のドロドロにエロい展開から最終トラックで積年の愛を語るの、
マジでズルいから特許取ってほしい(大声)
※引用:DLsite

 

 

クールなお姉さんはあったかい

理性が吹き飛ぶ瞬間ってのが、はっきりわかりました。

もちろん最初のトラックから、御崎ひよりさん演じる姉さんの愛の深さに、ずぶずぶと引き込まれるような凄みがあるんですが、しかし禁断の関係に、あと一歩踏み込めない感覚が続きます。僕自身、近親相姦ものが好きというわけでもないので、主人公のためらいと強くシンクロできた気がします。

そんなこちらの感情の揺れをわかっていながら、クールな声でひたすらに煽ってくるお姉さんの好き好き攻撃に、どんどんガードが下がっていくのを感じました。
しかし、最初に聴いた日は、お風呂のなかでシャンプーしてもらうトラックを聴いているうちに、あまりの癒し効果でそのまま寝てしまいました。
翌日、その続きから聴いたところ、耳舐め手コキ、フェラと姉さんからいっぱい愛されて、心の防御力がゼロになっていたのでしょう。本番のパートで姉さんのとある台詞を聞いた瞬間、まさに理性が吹き飛んで興奮のスイッチが入り、本気で姉さんとつながりたい、結ばれたいという衝動がマグマのように湧いてきたのです。
そんな状態で愛し合い、ふたりで迎える絶頂は、なんだか筆舌に尽くしがたい幸福な時間でした。
その後のトラックも心に響く素晴らしい中身です。
※引用:DLsite

 

 


こちらの記事もおススメ