成人向け(R18)作品

【エロボイス:近親相姦ASMR】性に寛容すぎる田舎。【ノスタルジックフォーリー】cv.琴音有波/涼花みなせ

商品紹介

商品名 性に寛容すぎる田舎。【ノスタルジックフォーリー】
サークル名 おんせん☆はにぃ
声優 琴音有波 / 涼花みなせ


ダウンロードはこちらから

サークルコメント

とある夏休み。

「ぼく」は田舎いある叔母さんのうちにしばらくお世話になることになった。
叔母さん――「香奈」さんの家は、叔母さんと従兄弟のお姉ちゃんとの二人暮らし。
叔母さんがいくつかは知らないけど、「おばさん」というよりはキレイで優しい、「お姉さん」って感じだった。
でも、その娘の従姉妹のはというと、ぼくよりちょっと年上なくらいで……
そんな年の子どもがいるなんて、とてもそんな風には見えない。

しかも、叔母さんはことあるごとにぼくを「カワイイ」なんて言ってからかってくる。
いつも良い匂いがして、優しくって、なんだか甘えたくなる。
従姉妹はそのたびに不機嫌そうに「あんまり真に受けちゃダメだからね」って言うけど……
なんだかここに来てから、毎日くすぐったいようなヘンな気持ちだ。

――そんなある日、みんなで一緒にご飯を食べていると、従兄弟がこんなことを言ってきた。

「いい?今日は早く寝ちゃいな。ママがもし部屋に来ても、寝たフリしなくちゃダメだよ」
「あんたのために言ってるんだからね?」

なんでこんなに、お姉ちゃんは機嫌が悪いんだろう。
ぼくには、それがどういう意味か分からなかった。
……少なくとも、その時は。

そしてその日の夜。
ぼくは、その言葉の意味と、叔母さんの本当の姿と、「この村のヘンな風習」のことを、いっぺんに知ることになるのだった……

ノスタルジー溢れる大自然の癒しの音。
それとは対照的な、とんでもなく淫猥な田舎の風習のギャップ。
そのままどこまでも甘えて、快楽に溺れてしまいたくなるような至極のエッチサウンドを、臨場感満載のVRサウンドで。

おススメレビュー紹介

叔母が喘ぐ頃に

「夏休みは親戚の家に泊りに行って叔母さんとイトコのお姉ちゃんとたくさんセックスしました!!」と新学期にクラスで発表したくなる経験をした男の子の音声作品!
途中途中にある日秒描写が良いですね、どのタイミングでエッチに移行するのかというドキドキが興奮します。
村の会合や祭りの時とかでもそこら中でセックスしたり、村に泊りに来た旅人とかにもセックスで歓迎したりするのだろうかと妄想しちゃいますね。
※引用:DLsite

田舎の村はいいですね…

作品冒頭の叔母さんの家での日常会話、これだけで「ああ、夏休み中に田舎に来たんだ…」と思わせる雰囲気

お姉さんにしか見えない叔母におねショタよろしくしっかり近親夜這いをされて、その直後には気を利かせて注意したにも関わらずまぐわってしまった事に従姉が焼きもちに元来の興味も合わさって、自制しきれずに手を出してしまう

叔母の香奈さんは声を抑えた正に夜這いといった形での近親相姦で優しく童貞卒業
従姉のみなみちゃんは村の慣習を好きになれないといいつつも、二人の行為に当てられて、なんだかんだで従弟である「ぼく」とのセックスには完全にはまってしまう

次の夏休みや冬休み等続編が作られることを期待します※引用:DLsite

こちらの記事もおススメ